幼児・小学生一般コース

Preschool & Elementary School Course

テスコ英会話では、小学生コースは、入門・初級・中級・上級のコースに分かれています。
また、各コースはそれぞれ2段階(各1年間)に分かれ(入門1、入門2等)、全部で8年間のステップバイステップのカリキュラムとなっています。

入門コース1・2(年中〜小学1年)

英語に慣れ親しみ、身近な語彙や表現を使える力を養う
学習頻度
週1回(45分レッスン)
対象学年
入門1・・年中児・年長児
入門2・・年長児・小学1年生
テスコ英会話
英語を習い始めたばかりの子供達に、まず英語は楽しいという意識を育てることが大切になります。そのためには、子供達の年齢に適した事柄を、年齢に即した方法で教えていくことが肝心です。子供達は日本語を覚える際に、まず興味の対象となる語彙を学習していきます。英語学習においても、日本語を覚える過程と同様にまず興味の対象となっている身近な語彙を学習していきます。そして、子供達の日常でよく問い掛けられる質問(名前・歳・好きなもの等)などにも受け答えができるように訓練していきます。また、身体を動かしながらの学習が効果的なこの年代の子供達のコースでは、リズムに乗って英語を発声する、歌を通して新しい語彙を習得するなどのアクティビティをふんだんに設けてあります。

初級コース1・2(小学1年〜小学3年)

日常的に身の回りの事柄や自分自身のことを英語で表現できる力を養う
学習頻度
週1回(45分レッスン)
対象学年
初級1・・小学1年生・2年生
初級2・・小学2年生・3年生
テスコ英会話
初級コースからは、週2回のレッスンとなります。これは「聞く・話す」の技能をさらに高める本格的な口頭練習を導入すると共に、「読み書き」の分野の学習もバランスよく取り入れていくためです。
「聞く・話す」の分野では、テキストの各課に設けた、登場人物の繰り広げる短い対話文を暗誦し、各課のまとめの時期にはクラスの前でアクティングアウト(発表会)を行います。このダイアログにはあらかじめその課で習得させたい目標文を組み込んでおり、ダイアログの暗誦学習と並行してその目標文を様々な形で転換練習、置き換え練習を行い、実際に使える応用力をつけていきます。「読み書き」の分野では、アルファベット学習の後には、アルファベットそれぞれの文字が持つ基本の音の学習(フォニックス学習)を導入して読み書き学習の基礎作りをします。

中級コース1・2(小学3年〜小学5年)

英語学習の基礎となるbe動詞と一般動詞の文をそれぞれ肯定・否定・疑問と自由に口頭運用できる力を養う
学習頻度
週1回(45分レッスン)
対象学年
中級1・・小学3年生・4年生
中級2・・小学4年生・5年生
テスコ英会話
中級コースでは、英文の重要な基礎となる、be動詞の構文と一般動詞の構文の徹底理解を図ることが目標となります。それぞれ、肯定文・否定文・疑問文を自由に口頭運用が可能となるように徹底した文型練習を行っていきます。
「読み書き」の分野では、前コースまでのフォニックス学習で築いた基礎を土台として、このコースからは、実際に口頭練習を行っている単語や文を学習題材にして、「聞く・話す・読む・書く」の四技能をさらにバランスよく取り入れていきます。

上級コース1・2(小学5年〜小学6年)

過去形・未来形・完了形・受身形など、文法的に高度なものを取り入れ、幅の広い表現力を養う
学習頻度
週1回(45分レッスン)
対象学年
上級1・・小学5年生・6年生
上級2・・小学6年生
テスコ英会話
小学生コースの最上級のコースである上級コースでは、文法的に高度な文型を取り入れて、子供達の会話の幅をさらに広げることが目標となります。過去の体験、未来の予定など、自分自身のことをより詳細に表現する力を身につけます。「読み書き」の分野では、文の構造の確実な理解を図るためのドリルを数多くこなすことにより、英作文や英文読解の力をしっかりと身につけていきます。